株式会社垣内HOME > 今月のニュース > Back_Number > 2020年08月

NEWS(情報管理センター)                       2020/08

● 8月から新事業年度(第34期)。行動目標は「全員で稼ぐ」

 当社は、8月1日から第34期事業年度(8月~翌年7月)に入ります。
 今事業年度は、新型コロナウイルスの感染拡大の終熄が見通せない中、当社も営業活動の制約、お客様の事業計画の変更等による受注見通しの変化など、厳しい事業環境が予想されます。一方、こうした状況下ではありますが、中長期的観点から、総額約9億6千万円に上る、大型投資は実行に踏み切ります。
 このため社内態勢としては、全員がより責任感と緊張感を持って、業務に精励し、“一人一人が利益を稼ぐ”すなわち、営業部門は一つでも多くの案件を成約に、また、製造部門、間接部門は効率化によって、コスト低減による収益への寄与を図ることを目標とし、「全員で稼ぐ」ことを実現して行くことといたします。
 ご関係の皆様には、一層のご愛顧、ご支援、ご協力をお願い申し上げます。



● 新工場(仮称、東第4工場)の地鎮祭

 今事業年度の大型投資の中核となる新工場(約2,540㎡ 768坪)の地鎮祭が8月1日、午後2時から現地で、当社ルーツの高知市介良の朝峯神社宮司の司宰により、工事関係者、当社役員等が参列し厳かに執り行なわれました。

 



● BCP訓練を実施

 当社は7月18日、工場長以上の各部門責任者による、事業継続計画(BCP)訓練を実施しました。訓練ではBCP策定の目的・意義や災害発生時の避難場所・経路、最新のハザードマップの内容を確認した後、「高知県南東沖を震源とする震度7の地震が発生した際、責任者としてとるべき初動対応」についてグループ討議を行い、活発な意見交換がなされました。
 当社は昨年8月にBCPを策定、備蓄品の整備など災害時の備えを進めておりますが、今後も定期的な訓練実施により、社員全員の意識を高めていく方針です。

 



● インターンシップと会社見学

① インターンシップ
  高知工科大学 システム工学群 知能機械工学専攻3年生1名8月17~28日

② 会社見学
  高知高等技術学校13名が7月28日に会社見学のため来社しました。