株式会社垣内HOME > 今月のニュース > Back_Number > 2020年05月

NEWS(情報管理センター)                       2020/05

● コロナウイルスに関するご報告

 皆様、コロナウイルスの感染防止には大変ご苦労をなさっておられると思います。また、その影響も小さくないと思われます。
 当社は、現在のところ工場は通常の操業を続けておりますが、「粒造くん」の営業等訪問活動は全て差し控えておりますので、期待しておりました受注が先送りされるなど、販売面に影響が生じております。
 しかし、お客様を始め皆様のご配慮により、現状は他社、他業界と比べると影響は比較的軽度と思われますので、種々対策を講じながら、この困難を乗り越えて参りたいと考えております。
 引続き皆様のご協力、ご高配をよろしくお願い申し上げます。



● 会長に叙勲

 当社の会長、垣内 敬陽(82歳、2代目社長)が29日に発表された、令和2年春の叙勲で旭日単光章(中小企業振興)を受章しました。
 受章者の肩書は、「元株式会社垣内 代表取締役社長」で、会長が、平成6年9月から24年9月まで、16年間努めた社長時代の経営が評価されたことが、受章の理由とのことです。
 会長は、当社設立6年目に社長に就任し、今日の当社の基盤を築いたことは、地元では広く知られており、今回の受章に対しても、沢山の祝意が寄せられています。
 会長は“この年齢(とし)になって、叙勲とは„と驚いていますが、高知県内で、中小企業の経営者が、経営そのものを対象とした受章は初めてと聞き、後に続く方々の励みになればと、もう少し元気を出して頑張って行こうと申しております。
 会長お目出とうございました。
 なお、当社の創業者垣内 保夫(高知のエジソン。会長の叔父。平成16年9月84歳で他界)も、平成4年に叙勲を受けています。

      


 



● 「粒造くん」タイの企業と販売店契約

 当社は、4月1日付で、タイ王国バンコク近郊の「デイリー ハブ サプライ チェーン社」と「粒造くん」及びその関連機器の販売店契約を締結いたしました。
 「デイリー ハブ社」は、現地資本の農業機械の取扱商社ですが、当社がタイ国内で行なったJICA事業報告会に参加した企業の一社で、今般、諸条件の合意を見、契約に至ったものです。
 当面は、牛の養牧業者を対象にした販売活動が見込まれています。