株式会社垣内HOME > 今月のニュース

NEWS(情報管理センター)                       2021/01

● 新年明けましてお目出とうございます

 皆様明けましてお目出とうございます。コロナ禍によって、お正月気分も盛り上がりに欠ける状況でありますが、当社は社員の安全・健康を第一に、この困難に負けることなく頑張って参ります。
 今年も垣内グループをよろしくお願い申し上げます。



● 神社で安全祈願

 当社は1月4日の仕事始めに、恒例の安全と社業繁栄の祈願を、垣内家のルーツである高知市介良の朝峯神社でお願いして参りました。
 また、これとは別に、各工場毎に社長、工場長等により各職場の安全祈願を執り行ないました。



● 「粒造くん」関連。プラントでの受注主流に

 自社製品「粒造くん」部門の受注は関連機器の開発と相俟って、拡大傾向を続けていますが、近年は付属設備を含め、「造粒プラント」として、一括受注を受けることが主流となってきております。
 当社では、「プラント」形態の納入に合せ、お客様に設置後のメンテナンスなどを含めたトータルサービスの拡充を目指しており、処理データや故障発生の予知能力など、ソフト面の開発、付属設備の内製化などを積極的に進めております。

関係新聞報道



● 1月から新しい保護帽に

 当社は12月の安全衛生委員会において、作業用保護帽の刷新を行うことに決めました。
 浜田 雅之副委員長を中心に、社員だけでなく見学のお客様も被りやすいように、これまでと同じ綿素材と、新たに夏用にメッシュ素材のものを採用いたしました。
 1月から順次新しい保護帽に変更し、これまで以上に安全を考慮したうえで作業を行います。

左側がメッシュ素材、右側が綿素材