株式会社垣内HOME > 製品案内 > アミューズメント > ミニ機関車

ミニ機関車

ミニ機関車

 明治時代の終わりから昭和30年代まで、日本3大杉と評判の高い「土佐の魚梁瀬杉」を、馬路村から海岸線にまで運び出すための主要幹線として活躍したのが、「旧魚梁瀬森林鉄道」です。
 この森林鉄道は、木材のみならず、住民や生活物資も運搬するなど地域住民に親しまれてきましたが、時代の流れの中で、多くの方々に惜しまれながら、昭和39年に廃止されました。
 平成2年に、森林鉄道の復活を願う地元有志の熱心な取組みに触発され、米国製ポーター型蒸気機関車(2/3レプリカ)と野村式、谷村式他の機関車の復元を馬路村さんからお引き受けしました。



谷村式

ミニ機関車
野村式
野村式
谷村式
岩手富士
谷村式
岩手富士

 現在もこれらの機関車は、柚子の香漂う村内を駆け抜けていますが、平成21年6月に、全国の森林鉄道として初めて国の重要文化財の指定を受けたこともあり、「保存・活用する会」の取組みがより一層活発化するなど今後の展開に期待が高まっています。

ミニ機関車 ミニ機関車 ミニ機関車
日本人にはお馴染みの「弁慶号」、「義経号」の兄弟機種です。 懐かしい響きの警鐘。走行音もシュッシュッポッポと本物同様です。 約20人程度の乗客を乗せた客車2~3両を牽引出来ます。
ミニ機関車 ミニ機関車 ミニ機関車
操作は極めて簡単。始動はスイッチ一発、レバー1本で前後進します。 駆動はディーゼルエンジンの油圧駆動。動輪を動かして最高時速10kmで走ります。

 当社としても、この森林鉄道と復元された機関車群には格別の思いを持っています。
 地域の宝ともいえる大切な文化遺産が、地域の発展に結ぶついていきますよう、今後もできるだけのお手伝いをしていきたいと考えています。