株式会社垣内HOME > 今月のニュース > Back_Number > 2019年08月

NEWS(情報管理センター)                       2019/08

● 8月から新事業年度(第33期)。行動目標は「力を溜めよう」

 当社は、8月1日から第33期事業年度(8月~翌年7月)に入ります。
 お蔭様で、当社の事業は順調に推移しておりますが、最近の米中貿易摩擦、日韓対立の進行、イラン問題からホルムズ海峡不安定化などにより、国際経済が縮小傾向にある中、消費税増税や、先行き不安から来る個人消費の低迷など、国内動向も楽観出来ない状況に鑑み、今事業年度は、積極的な事業展開は抑制し、内部態勢の強化に力点を置くことにいたしました。
 則ち、大型溶接ロボットの導入と早期戦力化、工場新設要否の検討、ここ数年の新入社員のスキルアップ、現場作業の一層の効率化などのほか、働き方改革の有効的な定着、BCPの早期策定と運用開始等に取り組み、総合的に「企業体力を蓄えて行く」ことといたしました。
 ご関係の皆様には、一層のご愛顧、ご支援、ご協力をお願い申し上げます。



● JICA事業採択によるタイへの「粒造くん」の進出検討事業が最終段階。社長等タイへ出張

 2017年3月から開始しましたJICA支援による、タイへの「粒造くん」進出計画は、ジェトロや、県関係機関の協力を得ながら順調に推移し、2020年前半に終了の見込みですが、当社からの最終の現地訪問として、7月26日~8月7日の間、社長ほか関係社員計3名が、JICA、ジェトロ等の皆様と共にタイへ出張しました。
 タイへの進出計画は、これまでの現地調査、交渉経過等を慎重に検討し、来春頃までに、方向性を明確にする予定です。



● 働き方改革キックオフセミナーで、笹岡総務部長が事例発表

 高知県と、高知県地域活性化雇用創造プロジェクト推進協議会の主催による、標記のセミナー(200名超参加)が、7月24日、高知市で開催され、地域の取組先進企業として、当社の取締役総務部長 笹岡 巧さんが、事例発表を行ないました。
 当社の取組が参加者に強くアピールされ、入社希望者の高水準の状況や、新入社員の定着率の高さなど、労使協調路線の総合評価につながりました。
 なお、当社からは、垣内専務ほか担当課長等計4名が参加しました。



● KKネット品質セミナー開催

 7月17日、KKネットの品質セミナーが、当社会議室で会員企業の主に現場責任者の54名が参加して開催されました。
 講師は、主として、当社の久藤品質管理課 課長が努めましたが、パワーポイントを使って、具体的な事例(画像は51面)に基いての説明、また、難解なものは現物を見な乍らの勉強でありましたので、大変好評で、今後の成果が期待されます。


 



● ビアパーティ盛大に開催

 7月6日、会社主催のビアパーティが、高知市内のホテルで86名が参加して開催されました。
 今回の会場は、昨年までと違い、冷房のある屋内でありましたので、制限時間一杯、大いに盛り上がりました。



● 職場体験とインターンシップ

 ①職場体験
  高知大学教育学部附属中学校 男子2年生1名 7月9~11日。(今回が初めて)
 ②インターンシップ
  四国職業能力開発大学校(4年制) 女子2年生1名 7月22~26日。