株式会社垣内HOME > 今月のニュース > Back_Number > 2018年11月

NEWS(情報管理センター)                       2018/11

● 「ひえた君」文部科学大臣賞受賞

 10月23日、平成30年度の四国地方発明表彰(公益社団法人発明協会主催、四国4県発明協会共催)が、松山市で開催され、17件の表彰対象のうち、当社の「ひえた君」(環境負荷低減型のペレット冷却システム)が、最高の文部科学大臣賞を受賞し、開発担当者の開発部、ペレタイザー営業部次長の宇賀 政綱さんが表彰状を受領しました。
 「ひえた君」はこのほかにも「第32回高知県地場産業大賞 産業振興計画賞」「第22回 四国産業技術大賞 技術功績賞 最優秀賞」も受賞しており、同製品の性能については高い評価が定着しています。

 





● 知事を表敬訪問

 10月16日午後、当社の会長、社長が高知県庁知事室に尾﨑 正直知事を訪問し、県の各部局から幅広く支援、指導に預っていることに対する謝意を伝え、当社近況と展望について報告をして参りました。



● 全国各地の有力畜産業者の来社相次ぐ

 当社の「粒造くん」「ひえた君」が順調に拡販を見ている中で、各地の有力畜産業者の方々の来社が相次いでおります。
 いずれも、対象機械・装置の生産現場、また、サイレントパイラー、コンクリートポンプなど、受託生産品の生産状況を視察され、予想以上に工場規模が大きいこと、工場がクリーンで作業が効率良く進められていること等に好印象を持って頂きました。
 当社はなお一層、全体のレベルアップに取組み、お客様からの信頼感を高めて頂けるよう努力して参ります。



● 海外展開セミナー(JETRO本部)でパネラー

 当社の社長は、独立行政法人 日本貿易振興機構(JETRO)と独立行政法人 国際協力機構(JICA)が、企業の海外展開支援の強化を目的に、両者の連携促進のための覚書を本年7月に締結したのを記念して、10月11日にJETRO本部で開催した「海外展開セミナー」のパネルディスカッション(3名)にパネラーとして出席いたしました。
 内容は当社の事業内容、海外展開概要(タイへの造粒機輸出)のプレゼン(5分)とディスカッション(50分)でしたが、社長の談によれば、色々の面で勉強になった、とのことでした。



● 会長「新聞と読者」委員会に6回目の出席

 今年2回目の新聞週間に合せ、会長が委員を務める高知新聞社の「新聞と読者」委員会が10月上旬に開催され、その内容が10月20日(土)の朝刊に掲載されました。
 今回のテーマは、高知県立大学の「蔵書焼却問題」(約3万8千冊)、「地域振興の記事」と「ネット時代の新聞」でありましたが、3人の委員は夫々の立場から明確な意
見を述べておりました。
 なお、今回の委員会で、会長の3年間の任期は終了いたしました。
 会長お疲れ様でした。