株式会社垣内HOME > 今月のニュース > Back_Number > 2018年07月

NEWS(情報管理センター)                       2018/07

● 日本赤十字社のサポーターに認定される

 当社は5月10日付で、「赤十字サポーター」に認定され、日本赤十字社高知県支部から認定証を交付されました。
 認定は高知県で4番目となります。
 これは、当社が永年にわたり献血(近年は年2回。近隣の会社も協力)を続けていることや、同支部による救急法の指導を受け、社内の救急対策の整備を図ったこと、また高知大学医学部の学生や、関係教授等に学習現場の提供を行なうなど、社会貢献にも積極的であること等、赤十字社の理念を実践していることが評価されと考えております。  

  




● 高知市内の新図書館複合施設に地下駐車場(エコパーク)

 7月24日にオープン予定の県、市の統合図書館「オーテピア」の駐車場(全収容台数100台)に、技研製作所様の地下空間を活用した駐車場(エコパーク)が採用され、図書館開館を前に6月15日開場式が行なわれました。同エコパークの収容台数は60台。車輌の入出庫の所要時間は30秒以下。エコパークは、自転車の地下駐輪場「エコサイクル」(東京、千葉、京都など大都市で大量採用されつつあり、ロンドンでも活躍中)と共に同社の地下開発の主要商品で、初の公共施設での設置により、今後の拡販に弾みがつくと思われます。(部品は当社が製作いたしました)
 また、図書館側は、併設の科学館を訪れる子供達が、エコパークを見て、科学や技術に興味を持ってほしいと、本来の機能以外の波及効果にも期待を寄せています。
 なお、当日の模様はテレビ、新聞で大きく報道されました。




● タイ国向けODA対象の「粒造くん」ミニ8台の輸出とタイ国内8か所の設置完了

 当社は、JICA等の支援を受けて、ODAによるタイ国畜産局への輸出事業(正式には、JICA中小企業海外展開支援事業 普及・実証事業)を進めて参りましたが、5月14日に現地の設置が完了し、6/17~6/30に装置の最終調整も完了いたしました。
 今後はタイ国での活用状況を期待を持って見守って参ります。



● 2展示会の当社ブースへの来訪者

  ① 国際養鶏養豚展(ポートメッセなごや。5/30~6/1)
  ・出展品 「粒造くん」、「ひえた君
  ・来訪者 239名、うち造粒テスト受託19件
 
  ② FOOMA JAPAN(東京ビックサイト。6/12~15)
  ・出展品 小型搾汁機、搾汁プラントパネル
  ・来訪者 約150名




● 高知大学医学部看護学科の学生が当社見学

 恒例となっている高知大学看護学科の学生による、当社見学が6/8、6/12の両日各10名によって行なわれました。