株式会社垣内HOME > 今月のニュース > Back_Number > 2018年05月

NEWS(情報管理センター)                       2018/05

● 五賞 受賞祝賀会を開催


 当社は、昨年末から今春にかけて連続して、下記の五賞(うち一つは正確には優良法人の認定、顕彰)を受賞いたしました。
 当社はこの受賞を全員が共に喜び、記念するため、4月6日(金)、高知市内のホテルで総数104名(全取締役、監査役、産業医、全社員とパート1名が出席。但し、海外出張中2名など4名欠席)が出席して祝賀会を開催いたしました。
 祝賀会は、会長の挨拶のあと、㈱技研製作所様、㈱技研施工様から頂いた“お樽”の鏡開きの“枡酒”で社長の乾杯から祝宴に入り、出席者は日頃の互いの研鑽、努力を称え合い、宴は終始にぎやかに進行いたしました。  

  •    ・第51回 グッドカンパニー大賞 特別賞
       (2017.12.05 公益社団法人 中小企業研究センター長表彰)
       (表彰2018.02.01)
  •       
  •    ・第7回 ものづくり日本大賞 「粒造くん」 四国経済産業局長賞
       (2018.01.15 経済産業省 四国経済産業局長表彰)
       (表彰2018.02.26)
  •       
  •    ・第32回 高知県地場産業大賞 「ひえたくん」 産業振興計画賞
       (2018.02.13 高知県知事・公益財団法人 高知県産業振興センター理事長表彰)
  •       
  •    ・第22回 四国産業技術大賞 「ひえたくん」 技術功績賞 最優秀賞
       (2018.02.28 一般財団法人 四国産業・技術振興センター理事長表彰)
  •       
  •    ・健康経営優良法人2018(中小規模法人部門)
       (2018.02.20 日本健康会議表彰)
  •       




● 会長「新聞と読者」委員会に5回目の出席

 今年1回目の新聞週間に合せ、会長が委員を務める高知新聞社の「新聞と読者」委員会が3月下旬に開催され、その内容が4月7日(土)の同紙に掲載されました。
 今回のテーマは、「住民の意見が割れる地域課題と、それに係わる行政手法の問題点」と「高知新聞デジタル版に関する意見」となっておりましたが、会長を始め、3名の委員の意見が夫々明確に記述されておりました。




● 南国市少年少女発明クラブ開講式に社長出席

 4月21日(土)、標記発明クラブの開講式が地元大篠小学校隣接の「からくり創造工房」で開催され、社長が来賓として出席いたしました。
 同クラブの活動拠点である工房は、当社創業者垣内 保夫(故人)が寄贈したもので、また、小額ながら運営費の一部を寄付させて頂いていることもあって、引続き発展に協力したいと考えております。
 なお、今年度の会員は南国市内の4~6年生16名で、指導員4名(当社員を含む)が持ち回りで毎回参加することになっています。




● NEW環境展に出展

 当社は5/22(火)~25(金)の間、東京ビッグサイトで開催される2018NEW環境展・2018地球温暖化防止展に出展いたします。
 当社の出展は11年連続、計16回目の出展となります。
 今年も昨年と同様、「粒造くん」をメインに、関連のペレット冷却機「ひえた君」の模型の展示を行ないます。
 ブースは、東5ホール、L204です。是非ご来場下さい。



● 国際養鶏養豚総合展(IPPS)2018に出展

 上記総合展は5/30(水)~6/1(金)の間、ポートメッセなごや(名古屋市国際展示場)で開催され、当社は2回目の出展となります。
 出展品は「粒造くん」ジュニア・ミニ、「ひえた君」800で、ブースはD-41です。
 本総合展にも是非ご来場下さい。



● ロータリークラブRYLAセミナーに参加

 国際ロータリークラブ第2680地区と第2670地区で共同開催される第40回RYLAセミナー(3/22(木)~3/25(日)、香川県土庄町、神戸YMCA余島野外活動センター)に、東工場の友 拓海さん(21歳。高知職業能力開発短期大学校 卒)が参加いたしました。
 RYLAセミナーは、将来地域において中核的指導者を目指す20歳以上の方々で、ロータリークラブから推薦を受けた人が学び、語り合うセミナーです。
 当社からは友さんが11人目の参加者となります。