株式会社垣内HOME > 今月のニュース > Back_Number > 2017年08月

NEWS(情報管理センター)                       2017/08

● 新年度のスローガンは「企業文化の向上」

 当社は今月(8月)から、新事業年度(31期)に入ります。当社は、約10年間で累計約22億円(一部 今期分を含む)に及ぶ設備投資を実行し、設備の更新・拡充、作業環境の改善、人員の増強 (5年間で70名→100名)など、主としてハード面の整備に注力し、生産能力の強化を図って参りました。
 そこで、今後はハードの活用と共にスキルアップによる生産効率の向上、地場中堅企業に相応しい企業文化の醸成に努めることとし、今年度のスローガンは「企業文化の向上」といたしました。

 

● (株)技研製作所様 創業50周年、東証一部上場記念パーティー

 見出しのパーティーが、7月25日、高知市内のホテルで約700名が出席し盛大に開催されました。当社からは、会長、社長、常務の3名が招かれました。
 記念式典では、技研様の北村 精男社長のご挨拶、来賓代表の尾﨑 正直高知県知事のご祝辞に続いて、当社会長が乾杯の音頭を取らせて頂きました。
 パーティーは大きな盛り上りのもと、3時間に及び、同社グループの一層の発展を願いつつ、大平 厚 (株)技研施工 社長の中締めでお開きとなりました。


● 第10回IPA圧入工学セミナーin高知2017 開催される

 国際圧入学会(IPA)の2017年高知セミナーが、7月20日、国内外の会員のほか、高知県、高知市など関係12団体の協賛、後援を得て、高知市内のホテルに約300人が出席し開催されました。
 セミナーでは、シンガポールにおける圧入技術の状況(シンガポール国立大学)、バングラディシュにおける圧入工法の施工例(技研様)の海外の活動例2件と、国内の圧入工法の新施工例2件 (熊本大学、公益財団 法人鉄道総合技術研究所)が日、英両国語で紹介されました。 
 セミナー参加者からは圧入工法(インプラント工法)の国際定な広がりと、工法活用の多面的展開が強く印象に残ったように見受けられました。

● インターンシップ 高知工科大学生

 8月28日~9月8日(10日間)に、高知工科大学 システム工学群 知能機械工学専攻の3年生1名がインターンシップに参ります。