HOME > 今月のニュース

NEWS(情報管理センター)                       2017/07

● ㈱技研製作所様 東証一部へ昇格

 当社の主力のお客様、㈱技研製作所様(以下 技研様と云う)が、6月30日、東京証券取引所の上場二部から一部へ昇格指定替となりました。 技研様は、先にもお伝えした通り、今年は創業50周年に当り、一部昇格は二重の喜びとなり、目標であるグローバル企業への展開が一層加速されることになります。
 なお、6月29日の同社の株価終値は3,140円(額面50円)でありました。
 また、高知県は、経済規模が小さく、産業集積度も低いため、一部上場企業は地元銀行2行のみであったため、同社が一般産業界では、第1号となります。

 

● KKネット、技研様の東京本社、関東工場(浦安)訪問

 KKネット(垣内協力工場ネットワーク)の会員の皆様と当社関係者 計25名が7/7~8に技研様の東京本社と関東工場を見学することになりました。
 KKネットの皆様のご協力により、製作されたサイレントパイラーが、全国各地でどのように活躍し、また、保管、保守、整備の状況などを実際に見学し、今後の生産活動に反映させようとするものです。

KKネットG工場見学

● 社長 発明協会の副会長に

 当社、社長 安岡和彦が、6月23日開催の(一社)高知県発明協会総会で、同会副会長に選任されました。
 社長は、同じく副会長を務めていた会長と平成24年9月に社長交代後、理事に就任していましたが、今般、副会長に昇任いたしました。

● 献血に32名

 当社は毎年、6月と11月に献血に協力していますが、今回、6月29日には当社から25名、近隣企業から7名の計32名が応じました。
 なお、昨年6月は18名(当社)でありました。

● FOOMA JAPAN(6/13~16)に69社から照会

 先月、東京ビッグサイトで開催された2017国際食品工業展【FOOMA JAPAN2017】(4日間)に、当社は、食品凍結濃縮装置を地元3社と共同出展いたしました。
 期間中、会場には10万人の入場者があり、出展ブースには248社261名の来訪があり、当社製品には69社87名から具体的な相談、照会を頂きました。

FOOMA JAPAN 2017

FOOMA JAPAN 2017


 

● 高知大学医学部看護学科から20名来社

 高知大学看護学科の学生20名(6/7、9の両日各10名)が産業保健実習のため来社いたしました。本実習は数年前から受け入れているもので、対象先5先のうち、企業は当社のみです。

医学部看護学科

医学部看護学科 医学部看護学科

 

● インターンシップ受入れ

 今年も、インターンシップの要望が、数多く寄せられていますが、7/18~28には、四国職業能力開発大学校の生産機械システム技術科の3年生、3名が来社いたします。
 なお、同校からは数名が入社しています。