HOME > 今月のニュース > Back_Number > 2016年11月

NEWS(情報管理センター)                       2016/11

● 東第3工場の竣工式

 建設中の東第3工場(約1,860㎡・・・含む 事務所)が11月中旬には完成の予定で、11月22日に関係者が出席のうえ竣工式が行なわれます。 第3工場は、製缶・溶接工場と、自社製品の組立工場に区分され、供用の予定です。
 なお、当社の第21期(平成20年7月)から始まった、新事務所の建設、東工場、同第2工場、同第3工場までの一連の大型投資(総額約18億円)は一旦終了いたします。  

● 第十常務に高知県産業技術功労表彰

 当社の第十 覚 常務が、平成28年度高知県産業技術功労表彰を受彰することが決り、11月23日、尾﨑 正直 高知県知事から、表彰状が授与されることになりました。
 通常この賞は、企業、団体の代表者が受彰するケースが殆んどですが、第十常務は当社の「柑橘類搾汁システム」、LPボンベ検査機「トップテスター」「電炉式鋳鋼製造システム」など 多くの開発品に主導的役割を果し、当社の産業機械メーカーとしての地位確立、業容の拡充に寄与すると共に、 地域の各種団体活動の中での新技術開発推進、産業振興にも貢献したことが認められ、今回の受彰に至ったものです。



● 協和会の皆様が工場見学に

 広島県の東部、福山市を中心に地域の鉄工業界の27社で組織されている、協和会の皆様13名が、10月15日、当社工場の見学に来社されました。
 見学後の意見交換会では種々の質問や提案等が出され有意義な見学会となりました。

協和会の皆様の㈱垣内工場見学 協和会の皆様の㈱垣内工場見学


● 高知工業高専の学生が会社見学に

 10月20日、高知高専の機械工学科3年生40名が、当社の見学に来社いたしました。
 同高専の卒業生、数名が在職中でもあり、学生の皆さんは、親しみを感じながら、各種工程に興味を持っている様子でした。

高知高専の皆様の㈱垣内工場見学 高知高専の皆様の㈱垣内工場見学


● 技能士に2名合格

 9月30日に発表された28年度前期の技能士試験に1級2名が合格いたしました。
 合格者は次の方々です。

                                                                   
本社工場井 上   凌(マシニングセンタ作業 1級)
西 工 場田 所 敬 二(構造物鉄工作業 1級)


   なお、当社の技能士は総数 1級42名、2級17名となりました。

● 会長、2回目の「新聞と読者」委員会に出席

 今年2回目の新聞週間に合せ、高知新聞社の「新聞と読者」委員会が9月下旬に開催され、その内容が10月18日(火)の同紙に掲載されました。
 当日は同紙が特集として、取り組んできた前回の参議院選の報道内容、重度障害の子供と親の共に生きる力を、正面から捉えた連載・特集企画記事などについて、 意見交換の模様が伝えられ、会長の発言に対しても総じて好評でした。

協和会の皆様の㈱垣内工場見学

● ものづくり総合技術展へ出展

 高知県と高知県産業振興センターの共催による「第5回ものづくり総合技術展」が11月17~19日の間、高知ぢばさんセンターで開催されます。 出展予定は131社で、当社は凍結濃縮装置を中心に出展いたします。ぜひ、ご来場、ご高覧をお願いいたします。

● KKネット忘年会

 KKネット(垣内協力会社ネットワーク。正会員30社、賛助会員12社)の今年の忘年会が高知市内の会場で11月25日に開催されます。

● 工業会のソフトボール大会へ出場

 11月27日に開催される県工業会主催のソフトボール大会に当社から1チームが出場いたします。
 ソフトボール大会では、2014年10月の初優勝から、その後成績が低迷していますので、今年は奮起してもらいたいと願っています。

● 健康診断

 11月8日、全社の健康診断が一斉に行なわれます。
 全員問題なく終了することを願っています。