HOME > 今月のニュース

NEWS(情報管理センター)                       2017/10

● 第30期定時株主総会

 当社の第30期定時株主総会が9月29日、当社の会議室で開催され、同期の決算承認等、全ての議案が承認されました。 当社の事業期間は、8月から翌年7月までとなっておりますので、毎年この時期に総会が開催されます。
 総会での承認を受け、当社の第30期の決算が確定し、売上高は過去最高の2,915百万円となり、利益も相応のものが確保できました。
 これ等の結果、期末総資産は、3,489百万円、自己資本は1,525百万円、自己資本比率は43.7%となりました。 なお、期末配当は40%、一株当り20千円といたしました。
 当社は今期も、主力お取引先、技研製作所様からの受注が、安定的に高水準なものが期待できること、他の2つの受託生産品の受注に不安のないこと、 自社製品の「粒造くん○R」が、関連品を含め、受注、販売が好調であることなどから、前期並みの売上、利益を見込んでおり、財務内容の改善、 企業文化の向上活動と相俟って、地場中堅の産業機械メーカーとして企業信用の向上に努めて参ります。

 

● 「高知のエジソン(垣内 保夫)賞」が中央職業能力開発協会の「地域発!いいもの」に選定される

 当社創業者、垣内保夫(平成16年他界)の功績を後世に伝え、小中学生等に、ものづくりに興味を持ってもらう取組みとして、一般社団法人 高知県工業会が、 平成16年に創設した「高知のエジソン(垣内 保夫)賞」が、中央職業能力開発協会の平成29年度上期の「地域発!いいもの」(厚生労働省委託。 「若年技能者人材育成支援等事業」・・・・・全国で5件)に選定されました。
 同賞は年々応募件数が増え、学校関係者を始め、広く県民に認知され、多くの話題を提供するに至っております。 (優良作品は、写真入りで毎回新聞報道。商品化されたものも出現)

● 創業者(元社長、前会長)の墓参

 9月12日(月)は創業者 垣内 保夫(高知のエジソン。平成16年84歳で他界)の祥月命日でありましたので、当日は、例年通り、会長、社長以下約20名で墓参いたしました。
 

● 高知労働基準協会から表彰

 東工場、工場次長の大南 龍司さん(46歳)が、高知労働基準協会から、平成29年度の優良従業員(安全の部)に選ばれ、10月3日の高知県産業安全衛生大会において、 表彰を受けることになりました。
 お目出とうございます。
 

● 事務所隣接の駐車場完成

 整備中でありました新駐車場が9月末に完成いたしました。約32台が駐車可能でお客様にご不自由をお掛けしていたことが解消いたしました。

駐車場 南

 

● 技能士に4名合格

 9月29日に発表された29年度前期の技能士試験に1級1名、2級3名が合格いたしました。
 合格者は次の方々です。

  本社工場 宗 石 都 佳 (マシニングセンタ作業 1級)
    〃 谷   悠 太 (マシニングセンタ作業 2級)
    〃 土 居 史 幸 (      〃       )
    〃 上 野 雄 志 (      〃       )
   なお、当社の技能士は総数 1級45名、2級17名となりました。


● 地元小学校の児童が当社見学に

 地元、長岡小学校の5年生 約40名が、社会見学会として、10月11日、当社を見学に参ります。この中から将来当社の社員が誕生することに期待しています。