株式会社垣内HOME > 今月のニュース

NEWS(情報管理センター)                       2018/10

● 第31期定時株主総会

 当社の第31期定時株主総会が9月28日、当社の会議室で開催され、同期の決算承認等、全ての議案が承認されました。
 当社の事業期間は、8月から翌年7月までとなっておりますので、毎年この時期に総会が開催されます。
 総会での承認を受け、当社の第31期の決算が確定し、売上高はほぼ前年度並みの2,898百万円となり、利益も相応のものが確保できました。
 これ等の結果、期末総資産は、3,635百万円、自己資本は1,700百万円、自己資本比率は46.7%となりました。
 なお、期末配当は40%、一株当り20千円といたしました。
 当社は今期も、主力お取引先、技研製作所様からの受注が、安定的な推移が期待できること、他の2つの受託生産品の受注に不安のないこと、自社製品の「粒造くん」が、関連品を含め、受注、販売が好調であることなどから、前期並みの売上、利益を見込んでおり、財務内容の改善、企業文化の向上活動と相俟って、地場中堅の産業機械メーカーとして企業信用の向上に努めて参ります。



● 笹岡 巧総務部長が取締役に就任

 前記の通常総会において、笹岡 巧総務部長(57歳。元四国銀行支店長、2016年9月入社)が、全員一致で取締役に選任されました。今後一層のご活躍が期待されます。なお、これで当社の取締役は5名(うち非常勤2名)となりました。



● 国際圧入学会(IPA)主催の「第一回圧入工学に関する国際会議」で表彰を受ける

 IPA(International Press-in Association)が設立10周年を記念して、9月19・20日に高知工科大学を会場に、世界15か国から総数400人が参加して、第一回国際会議in高知(略称)が盛大に開催されました。
 会議は、初日午前中に開会セレモニー、基調講演Ⅰ、Ⅱ。午後と2日目は、16の分科会及びIPAの現況報告が行なわれました。
 初日のセレモニーでは、IPAの発展に功績のあった、北村 精男IPA名誉会長(㈱技研製作所社長)、初代IPA会長のボルトン・ケンブリッジ大学教授に続いて、当社の創業者 故 垣内 保夫並びに、現会長 垣内 敬陽にIPA会長 日下部 治氏から表彰状と記念の盾が授与されました。

 



● 創業者(元社長、前会長)の墓参

 9月12日(水)は創業者 垣内 保夫(高知のエジソン。平成16年84歳で他界)の没後15年目の祥月命日でありました。当日は、例年より多数となる、会長、社長以下約30名で墓参いたしました。



● 技能士に7名合格

 9月28日に発表された30年度前期の技能士試験に1級4名、2級3名が合格いたしました。合格者は次の方々です。  

  本社工場 曽 我 吉 貴 (マシニングセンタ作業 1級)
  西 工 場 小笠原 仁 志 (構 造 物 鉄 工 作 業 1級)
    〃 隅 田 元 希 (        〃        )
  東 工 場 都 築 明 廣 (金 属 塗 装 作 業   1級)
  本社工場 田 村  亘 (マシニングセンタ作業 2級)
  西 工 場 北 川  司 (構 造 物 鉄 工 作 業 2級)
    〃 小 松 慶 介 (        〃        )

 なお、当社の技能士は総数 1級49名、2級22名となりました。




● 第8回農業資材EXPOに出展

 当社は10月10日~12日に幕張メッセで開催される農業資材EXPO(農業ワールド内)に「有機肥料ペレット専用の散布機」を初出展いたします。
 同散布機は、県内JAと協同開発したもので、有機ペレット専用機としては、大口径ペレット(6mm以上)に適用出来、散布作業の効率化に寄与できると考えています。ご関係の皆様、是非ご高覧ください。
 なお、「粒造くん」 「ひえた君」などは、パネル展示をいたします。



● KKネットの総会開催

 9月15日(土)、KKネット(垣内協力会社ネットワーク)の本年度総会が、高知市内のホテルで会員49名が出席して開催されました。
 当社からは、社長以下8名の関係者が招待されました。



● 献血に36名

 恒例の献血活動(年2回)が9月26日(水)実施され、36名(うち9名は当社近隣各社の皆様のご協力)が献血いたしました。
 なお、当日、日本赤十字社から当社並びに岡豊工業団地自治会が、日本赤十字社献血サポーターの認定を受けました。



● 高知県高等技術学校から見学

 9月18日(火)、高知県高等技術学校の皆様21名(うち教官2名)が、当社見学のため来社されました。当社には、同校出身者の社員も在籍しており、皆様熱心に各工場を見学されていました。