株式会社垣内HOME > 今月のニュース

NEWS(情報管理センター)                       2019/07

● 高知県発明協会 会長に就任

 当社の安岡 和彦社長が、6月21日に開催された(一社)高知県発明協会(会員数113名)の定時総会、その後の理事会で会長に選任され、就任いたしました。
 発明協会は、中国等の知財権の侵害などが増加傾向にある中で、その存在意義が重要性を増しており、活動範囲も拡大して来ております。
 社長の新会長としての力量に、大きな期待が寄せられていると思われます。



● 専務、新聞紙面に初登場

 5月1日に就任した垣内 大輔専務が、高知新聞の「とさビズ」欄に登場いたしました。
 今後、社業は勿論、業界内での活動、社会貢献等多方面の活躍によって度々、紙面に採り上げられるよう社員一同期待しています。



● 高知大学看護学科の4年生26名来社

 高知大学医学部看護学科の4年生26名(保健師育成コース)が、「公衆衛生看護学実習」のため6月10日(月)に来社いたしました。
 実習は「会社概要の説明」「工場見学」「安全衛生活動の説明」さらに「安全衛生委員会の傍聴」まで、計3時間20分に及び、中身の濃いものでありました。
 学生の皆様、この経験を将来の医療活動に少しでも役立てて下さい。

 



● 高知職業能力開発短期大学校来社

 6月12日(水)、略称「ポリテクカレッジ高知」の皆様24名(教員5名、学生19名)が会社見学のため来社いたしました。
 ポリテクカレッジの学生のインターンシップは毎年受入れていますが、今回のような多人数は初めてのことでありました。